プロフィール

you

Author:you
ド下手な物書き
眠い



りんくふりゃー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

肉、野菜、バランス
ブログ名の肉は筋肉の肉
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「」とスバル 第8話「無くした記憶と二人なの」Part4





Side Teana
私は『』の部屋を出て、スバルがいるであろう自室へ向かった。
『』のおかげでちょっとは素直になれたかもしれない。
「スバルいる?」
扉を開き、中に入るとスバルはいつものところに座っていた。
「あ……ティア、ナさん」
「あれ? 「」さんやギンガさんは?」
一緒に部屋に来ていたはずの「」さんたちは居らず、スバル一人だけだった。
「えっと……飲み物とりに行ってくるって」
「そう……」
なにも記憶のないスバルを一人残すことはないんじゃないかしら。
まぁスバル一人のほうが言いやすいからいいかな
「あの……さ。スバル」
「どうかしたの?」
改めて言おうと思うと結構緊張するわね……
ってなんで私告白みたいな状況になってるのよ。
「えっと……その、ね」
「……?」
「その……今回のね。ロストロギアであんたの記憶がなくなっちゃったことは……
私に責任があると思ったから……さ」
なんでこんなことを言ってるのに私の顔は熱くなってるのよ……
あーもう恥ずかしい恥ずかしい!
「だからその……ごめんなさい!」
私は頭を下げ、スバルに謝る。
そんな私をスバルは……
「……ぷっ」
噴出していた。
「……何よ」
「だって"ティア"そんなことで悩んでたんだって思ったから……ふふっ」
また笑われた……
いやちょっと待って……
今……こいつ……
「スバル、もしかしてあんた記憶が……」
「えー、私記憶無くしちゃっててわからないー」
あーもうまったくこいつは!こいつはぁ!!
私はすっっとスバルのところへ行き、彼女の頭を両手で掴む。
「あんたってのはぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」
「いひゃいいひゃいーいひゃいよティアー!」
そんなことをやっていると部屋の扉が開き、「」さんたちが入ってくる。
「お、もうティアは仲直りできてたか」
「『』……もしかしてあんた最初から全部……」
「さぁー何のことでしょうかねー」
知らなかったのは私だけだったみたいね……
「もう……本当に心配したんだから……」
「ごめんごめんティア、でもティアがそんなに私のこと心配してくれてたなんて」
「そりゃあ……パートナーだし」
「えへへ……ありがと」
スバルは大喜びで私に抱きついてくる。
もう……まったくこの子は……
「まぁ記憶が戻ってよかったじゃないかティア」
「……ねぇ『』」
「ん? ほべらぁー!?」
とりあえずこいつは殴っておこう。
「でも私の記憶も戻ったし、ティアをもっと好きになれたからめでたしめでたしかな?」
「……あんまりめでたくないわよ」









Side 「」
時間は少し戻ってティアちゃんが部屋に来る前……
「いつもの笑顔のスバルに戻ったな」
「はい!」
「笑顔だけじゃなくてなんだか……」
「雰囲気まで元通りな気がしますよ「」兄様」
確かにさっきまでの少し暗めなスバルはもうすでにそこには居らず、
今俺の目の前にいるスバルはいつもの明るいスバルだ。
「あれ……?」
スバルは目をぱちくりさせ、辺りを見渡していた。
「私……思い出しちゃった?」
なんで語尾にクエスチョンマークをつけてるんだろうか。
「はぁ……なんというか、あっという間に思い出したねスバル」
「私が魔力ダメージで吹き飛ばす必要もありませんでしたね」
「ギンガ姉様……それはダメ」
なんともロストロギアの効果はあっけなく終わった。
でもスバルの記憶が戻って本当によかった……
「それじゃあ『』にも教えておこうかな」
「そうしたらティアにも伝わりますしね!」
俺は携帯を取り出しメールを送っておく。
スバル、元に戻った。
っと。
「んじゃ何か飲み物でも取ってくるよ」
「あ、すいません「」さん」
「いいんだよ。それに記憶が戻ったばかりだしゆっくりしてたほうがいいと思うし」
俺は席を立ち、自販機へと向かう。
そしてそんな俺についてくる二人。
「私も一緒に行きますね」
「ごめんね。「」さん、ギン姉ぇ、ノーヴェちゃん」
そのまま俺たちは部屋を後にした。
ティアちゃんも一人で悩んでいたみたいだし二人でゆっくり話をしてくれればいいかな……
とか思っていたら……
その後『』が壁に突き刺さることになるなんて……





スポンサーサイト

この記事に対するコメント
冠婚葬祭サービス
冠婚葬祭サービスを探すなら http://www.mladickrealty.com/215783/200412/
【2008/09/14 23:06】 URL | #- [ 編集]

ミッションと30代,40代の転職
ミッションとは、「使命・任務」と訳す http://avstation.photobycolin.com/
【2008/10/17 07:07】 URL | #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://atukuteyarukidennu.blog109.fc2.com/tb.php/72-fc750a25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。